土鈴と私

mifyu1018.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:工芸・民芸品( 22 )

達磨さま (木製)


        10月5日は 達磨忌です。

     縁起物のダルマさんの手や足が描かれていないのは、
    ひたすらに座禅に打ち込む達磨さまを象徴したものといわれています。


d0026143_16325372.jpg





d0026143_16424947.jpg
[PR]
by mif-yu1018 | 2009-10-05 16:44 | 工芸・民芸品

韓国の丑土人形


    韓国民俗博物館の売店で見つけた 十二支丑人形です。

d0026143_921301.jpg


d0026143_9221535.jpg



     ソウルのデパチカに きれいな餅菓子がありました。
d0026143_9271030.jpg

[PR]
by mif-yu1018 | 2009-01-30 09:37 | 工芸・民芸品

竹細工 吉備牛 (岡山県)


    竹を輪切りし 頭、胴、足を組み合わせてあります。角も竹です。

    は大地をふみしめて歩く  遅々たる歩みの如く 急ぎ込む要は無い
    の歩みには  無限の含蓄があり 無限の情味がある
    の歩みのいやおそくとも    (箱書きより)

d0026143_1072532.jpg


d0026143_108066.jpg

[PR]
by mif-yu1018 | 2009-01-08 10:10 | 工芸・民芸品

笹野一刀彫 (山形県米沢市笹野)


  お鷹ぽっぽ 尾長鳥

  一刀彫の見事な彫りに飽きることなく眺めています。


d0026143_14175382.jpg



d0026143_14182759.jpg
[PR]
by mif-yu1018 | 2008-08-07 14:31 | 工芸・民芸品

花笠まつりの花笠


   東北四大祭りの一つ、山形の花笠まつり 8/5~8/7

   赤い花の「紅花」をあしらった花笠。
   サクランボもかわいいemoticon-0144-nod.gif

d0026143_15193421.jpg

[PR]
by mif-yu1018 | 2008-08-03 15:23 | 工芸・民芸品

ロシアのマトリョーシカ人形


  ロシア旅行のお土産にマトリョーシカを頂きました。
  一つ一つ 手描きされています。 5体で一組

d0026143_8311947.jpg


d0026143_832126.jpg


        髪にてんとう虫emoticon-0155-flower.gifd0026143_8343217.jpg


















以前、神戸のロシア・レストランで購入したマトリョーシカ (4体一組)

d0026143_837458.jpg

[PR]
by mif-yu1018 | 2008-07-22 08:54 | 工芸・民芸品

大国さまと因幡の白兎



  ♪ 大きな袋を肩に掛け 大国様が来かかると~♪

  白兎海岸には 子供の頃、夏休みに行って、、、 海にはサメがいるんだ!
  暑いのに 海には入らなかったemoticon-0107-sweating.gif
  
  出雲大社のお土産で木製ですが 大国様の大きな袋は、布製です。


d0026143_1152176.jpgd0026143_1153982.jpg
[PR]
by mif-yu1018 | 2008-06-08 11:10 | 工芸・民芸品

砥部焼の女の子鈴と申鈴


 四国・愛媛の砥部焼は 白磁に呉須(ごす)絵がすーっととけ込んでいて素敵です。

 絣もようの女の子考える猿?は 別々に入手しました。
                         (高さ 約5.3cm)

d0026143_14132667.jpg


d0026143_14134736.jpg

[PR]
by mif-yu1018 | 2008-05-20 14:17 | 工芸・民芸品

姫ダルマの笛とあやつり人形の獅子舞(木製)


   フリマで土鈴を探していて 見つけました。

   姫ダルマ笛は優しい音色♪  獅子舞は手足が上下し カタカタと音がする^^


d0026143_11301354.jpgd0026143_1130448.jpg
[PR]
by mif-yu1018 | 2007-11-01 11:34 | 工芸・民芸品

備前焼の花瓶と徳利


   備前焼   釉薬(うわぐすり)は一切使用せず、絵付けもしない。
 
   大地に眠っていた土が掘り起こされ、幾多の手順と長い時間を経て陶土となる。
  そして約1300度の炎に焼かれ、様々な変化をとげ陶器としての新しい生を受ける。
  現れる紋様は、自然と陶工とが生み出したアンサンブル。
                    (岡山県備前市のHPより)

  
d0026143_9412223.jpg

    真ん中の花入れは、緋襷(ひだすき)といわれ、作品の間にワラを挟んで
    巻いたりして 直接火が当らないようにして焼いたものです。
[PR]
by mif-yu1018 | 2007-10-12 09:51 | 工芸・民芸品
line

いろんな土鈴を集めています。                   


by mif-yu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31